Return to site

ナスが発芽した

もう畑の準備。ヴィオレッタ・デ・フィレンツェっていうナスの話

急にすっかり雪も消えてしまった。だいぶ暖かくなったのでナスの種を2月の下旬にまいて自宅2階で保温していた。

そしたら約20日ほどでついに発芽してきて、3/9時点で25株ほどの発芽が確認できるまでになった!ナスってのは種まきから畑に植えられるようになるまで成長するのに80日近くもかかるので種まきはまだ寒い早春、露地栽培の野菜ではおそらく最も早い種まきになる。次はトマトかな?とにかくナス科の作物は収穫適期を夏にしようと思ったら早めに種まきをして育苗をしなければならない。今年植えたのはヴィオレッタ・デ・フィレンツェっていうイタリアナスで、価値観の違いもあるだろうが一説には世界一美味いと評判のナスだったりする。次の写真は昨年の栽培した時の物だけど、とにかくでかい!ソフトボールのボールよりもデカい!

この写真より、収穫するときにはもっと大きくなり1.5倍程はあったかも。

とにかく、もうね、冬から春に心変わりし、楽しみは薪ストーブから畑やキノコ栽培に移ってきている。同時に我が家の塗装も気になっていて、そっちのほうはストレスなんだけど…。自給自足的な生活は楽しいけど忙しい。でも生活することそのものが趣味となっている。そんな暮らしに豊かさを感じる。

ちなみにこのラックも自作です。友人からもらった製材を加工して昨年秋に作っておいたんですが大活躍。シーツになっている90リットルの資源ごみの袋に合わせて作ってあるので、すっぽりとかぶせればそのまま簡易ビニールハウスになる設計。DIYって素晴らしい!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly