Return to site

グルテンフリーを始めてみた

最近なんか消化器系がおかしいと思ってた。友人からの勧めで読んでみた本んい気になることが書いていて、これ自分の事じゃん!?って思ったので最近実践してるんだけどいろんなことがわかってきた。いやね、自分の体質にグルテンが合わないってことが分かっただけじゃなくて、もっと深いこと。

日本の食糧自給率はカロリーベースで40%位しかないんだけど、でもコメの生産量については言えば十分に自給できてるわけで。そんな日本が小麦を輸入してるってことがとっても不自然に思えてきたの。だって小麦食べないことはそんなに大変なことじゃない。なんか、身の回りに溢れている食料品には小麦がかなり使われているけど、これって米粉で置き換えることができる。多少の工夫はいるけど難しいことじゃない。しかも、実践してみたわかったんだけど小麦を取らない食生活ってとっても美味しいの!身近なところにこんなにおいしい食べ物があったんだって気が付くことができたのが大きな発見だった。いろいろ作ったよ。大豆クッキー、お好み焼き、手打ちパスタなんかもやってみたけど、ひと手間かけることでこんなにもおいしい食事を、健康的な食事をとることができるって知らなかった。出来合いの乾麺や加工食品で済ませることができるのは便利だけど、それで済ませてしまっているから気が付けなくなっていることが多い。自分で作らないといけなくなってしまったからこそ気が付くことができた日本の豊かさ。これは、ぜひみんなにも気が付いてほしいなって思います。生きることにひと手間かけることが幸せ。あなたの体は今日食べたもので出来ている。食品添加物をたくさん含むものを沢山とったら、それだけ自分の体に影響が出るってことを考えてみるのは大切。日本人なのに体の材料は外国製?みたいなことになって、考えてみたら違和感がある。小麦粉は収穫後に船便で日本に運ばれる数か月の間カビが生えないんです。収穫後も大量の農薬を使用しなければならない。そうやって輸入される小麦を食べることはグルテンが体質に合わない人だけでなく全員に関わってくること。そんなことを考えると日本の良さが見えてきた。小麦粉を食べれなくなった不自由が教えてくれた豊かさに感謝したい。

Add paragraph text here.
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly